ICONIC BAGS

ボッテガ・ヴェネタの創立50周年と自身のクリエイティブ・ディレクター就任15周年を記念して、トーマス・マイヤーはブレラ国立美術学院にて、2017年春夏 ウィメンズ・メンズ コレクションを発表しました。これを記念して、15種類のバッグがアーカイブから蘇りました。

バッグは、ボッテガ・ヴェネタのさまざまな時代からインスピレーションを得たもの。1980年代の映画「アメリカン・ジゴロ」の中でローレン・ハットンが持っていたイントレチャートのクラッチは、今回のショーで再提案され、再デビューを果たしています。ブレラ国立美術学院で開催された2017年春夏コレクションのランウェイには、ローレン・ハットンも登場しました。

「この50周年の祝賀における真の主役は、ボッテガ・ヴェネタのアトリエです。

このコレクションにおけるすべてのバッグが、卓越したクラフツマンシップを示しています。」 トーマス・マイヤー

ショーをもう一度体験する 2017年春夏 ウィメンズ&メンズコレクションを見る