ボッテガ・ヴェネタについて

慎ましさ、品質、そして職人技術。ボッテガ・ヴェネタは1966年にヴィチェンツァで創立して以来、ラグジュアリーの新たな基準を作り上げてきました。 イタリアの熟練革職人の伝統から生まれ、古より名高い、見事な革製品を誇るボッテガ・ヴェネタは、近年、世界でも最高級のラグジュアリーブランドとして浮上しました。 ボッテガ・ヴェネタの高名なモットー「自分のイニシャルだけで十分」(When your own initials are enough) には、個性と自信を尊重するブランド哲学が表現されており、現在では、ウィメンズおよびメンズのレディー・トゥ・ウェア、ファインジュエリー、家具など、様々な製品に反映されています。

ボッテガ・ヴェネタは成長し続ける一方、ブランドの代名詞である品質は不変です。 見事な職人技、画期的なデザイン、現代的な機能性と最高品質の素材が常に取り入れられています。 また、ボッテガ・ヴェネタは、熟練の伝統技能と、見事な革新性を組み合わせる、高技術職人たちのアトリエを大切に守り続けています。 実際、ボッテガ・ヴェネタのラグジュアリーに対するアプローチの中核になっているのは、職人とデザイナーがインスピレーションに富んだ独自のコラボレーション体制をとっていることです。まさにそのシンボルとなっているのが、メゾンのシグネチュアである、編みこみのイントレチャートレザーです。 職人技の重要性を認識するとともに、この伝統的な生き方が壊れていくことを危ぶみ、2006年夏にボッテガ・ヴェネタは、次世代の革職人を養成し、支援するための学校を開校しました。

ボッテガ・ヴェネタ社歴の最も新しい項目は、2001年2月に始まります。元グッチ・グループのKERINGラグジュアリーグループ傘下となったのです。 同年の6月にクリエイティブ・ディレクターとしてトーマス・マイヤーが就任しました。マイヤーによる初のコレクションとなる2002年春夏コレクションは評論家からただちに高い称賛を得ました。 元来、上品で、感性に訴えかけ、個性を尊重するこのメゾンのアイテムは、自信にあふれ洗練されたお客様のためにデザインされています。 ボッテガ・ヴェネタでは、レディ・トゥ・ウェア、ハンドバッグ、シューズ、革小物、アイウェア、トラベルバッグやギフトを揃えた、熱望の的の特製アイテムを販売を続けながら、フレグランス、ファインジュエリー、腕時計、家具、ホームアクセサリーをはじめとするカテゴリーをコレクション内に追加してきました。

ボッテガ・ヴェネタの販売網はヨーロッパからオーストラリア、アジア、南北アメリカを囲むように全世界に及んでいます。厳選された専門店と百貨店への卸販売を展開する一方、ボッテガ・ヴェネタ直営店数の数が増加しています。 これらのブティックのデザインを手がけたのはトーマス・マイヤーで、ボッテガ・ヴェネタの厳格なスタンダードに従って建築されています。お客様には、完全なラグジュアリーに囲まれ、プライバシーを尊重しつつ、快適にショッピングをお楽しみいただけます。 これらのブティックは、陳列されているアイテム同様、ボッテガ・ヴェネタの並はずれた伝統と卓越した品質を反映しています。

Headquarters

Bottega Veneta
Via Privata Ercole Marelli 6 Milan
20136
Italy
Phone:+39 02 70060 611
Download vCard

採用

ボッテガ・ヴェネタで社員は、個性と自信という哲学を体現しています。スタッフは皆、自分に自信に満ち溢れ、ボッテガ・ヴェネタのプロダクトを支持しています。また、ブランドが表現するものとの一貫性を念頭に置きながら、スタッフが新しいアイデアや提案、自由な意見を出せる環境を作っています。ぶれないこと、互いを信頼すること、協力しあうこと、そして透明性は、私たちが成功し続ける上で非常に重要な要素です。イタリアで育まれた文化と伝統に特別な思いを持つボッテガ・ヴェネタは、社会に対する責任を負うと同時に未来に誇りを持つブランドとして、この伝統文化を守り抜くという信念の下、その保全活動にも取り組んでいます。

またKeringグループの一員として、ボッテガ・ヴェネタは公平、誠実で、建設的かつクリエイティブな人々とともに、成功を収めてきました。私たちの使命は、才能があり、またその才能がボッテガ・ヴェネタにとって最も価値のある資産であることを理解している人材、また決して妥協することなく、ボッテガ・ヴェネタを究極の高級ライフスタイル・ブランドに育て上げることを目指す人材を集めることにあります。 ボッテガ・ヴェネタは一人ひとりの努力がもたらす成果に脚光を当てる組織であると同時に、スタッフがプロフェッショナルとして成長するのを促すため、資源や研修の機会を提供し、スタッフの才能を発掘し、解き放ち、また高めることを心がけています。創造力や革新性を伸ばすことに力を尽くし、また、スタッフの能力をバックアップし、さらに上を目指すためのキャリア育成も行っています。

イタリアのミラノとヴィチェンツァに本部を置くグローバル企業として、ボッテガ・ヴェネタはヨーロッパや南北アメリカ、アジア、オーストラリア、そして日本で雇用機会を提供しています。

ボッテガ・ヴェネタで働くということは、20カ国以上の国籍の人々が集まるチームの一員となるということです。多様な文化に支えられたこのチームは日々、優れたものを生み出すために努力を重ねる、という強く熱い思いを共有しています。

世界に通用する才能溢れる人材を集め、長く雇用すること、また才能を育てることに尽力しています。あなたの才能が発揮される場所はありますか?

• Retail & Wholesale(リテール、ホールセール):小売/卸売管理、販売・接客サービス管理、店舗管理、店舗スタッフ、運営、販売・接客研修、店舗計画
• Merchandising(マーチャンダイジング):ライン形成、価格・価格帯設定、グローバルな購買戦略、コレクションの店内販売の最適化
• CRM(顧客管理): 顧客分析、顧客管理
• Design(デザイン):レザーグッズ、RTW、シューズ、ジュエリー
• Material Research & Product Development(素材調査・製品開発):デザインチームと緊密に連携し、コレクションを準備
• Manufacturing(生産):パターンメイキング、プロトタイプ制作、品質管理
• Production(生産管理):購買、生産計画、サプライチェーン
• Communication(コミュニケーション):広報、広告、イベント、デジタル媒体管理
• Staff(スタッフ):財務・総務、法務、人事、IT

ボッテガ・ヴェネタの採用、インターシッププログラムにご興味のある方は、 こちらをクリックください.

財務

ボッテガ・ヴェネタ 2013年第3四半期の売上16%増

2013年10月25日―ボッテガ・ヴェネタは第3四半期決算を発表、売上は2億5,930万ユーロで前年同期比16%増となりました(為替変動の影響を除く)。売上はすべての地域で、また小売・卸売のどちらの販路においても増加しました。直営店の売上は18%増で、再び全体の売上を牽引する形となりました。

2013年1月から9月に計上された売上高は合計7億2,490万ユーロで、前年同期比14%増となりました。直営店の店舗数は2012年末の196店、2013年上半期の209店に対し、215店に増加しています。

ボッテガ・ヴェネタの社長兼CEO、マルコ・ビッザーリは「2013年1月-9月期の業績、とりわけ第3四半期の業績には大変満足しています。最重要のイニシアチブにおける前期までの並々ならぬ努力が今年第3四半期に実を結び、ボッテガ・ヴェネタの歴史における重要な節目となりました。この3か月間で、ミラノのサンタンドレア通りにメゾンと名づけられた広さ1,000平方メートルを超えるブランドを象徴するストアをオープンさせたほか、モンテベッロ・ヴィチェンティーノにある歴史の古いヴィラに新本社とアトリエを設立し、これまでの取り組みを完結させたことをうれしく思います。これらのイニシアチブはサステナビリティに関する最新の基準に準拠し、社会的責任を果たしながら実行されました。従業員はボッテガ・ヴェネタにとって紛れもなく大事な資産であり、イタリアの卓越したクラフツマンシップという素晴らしい伝統と常に密接に結びついてきました。お客様だけでなく、わが社の従業員に対しても十二分な関心と配慮を持ちたいという思いが、今回のイニシアチブにも表れていると思います」と語っています。