「自分のイニシャルだけで十分   (when your own initials are enough)」
「自分のイニシャルだけで十分 (When your own initials are enough)」

「ラグジュアリーという概念は、何を見せるかではなく、何を隠すかという点により大きな意味があります 決して見栄を張るためではなく、

作品自体の価値を認めて自分自身に喜びをもたらすために、

極上の完成度と品質を求める終わりのない探究なのです 」

 トーマス・マイヤー(クリエイティブ・ディレクター)

控え目でさりげなく、気品があること。それが、ボッテガ・ヴェネタの哲学です。その静かな主張は、耳を傾ける意志のある者だけに届きます。そして、ブランドのシグネチャーであるイントレチャート、すなわち細やかな仕上げは、その真価を理解する者だけが見分けられます。卓越したクラフツマンシップ、贅沢な素材、そして手の込んだディテールを配したボッテガ・ヴェネタの製品は、それ自体が価値の高さを雄弁に物語っています。決して、身に着ける人々の自信や個性を高め、より輝かせるための道具ではありません.