BEHIND INTRECCIATO

ボッテガ・ヴェネタは、メゾンを象徴する3つの作品、「ヴェネタ」、「カバ」、「ノット」にまつわるストーリーを通じて、自らの伝統やクラフツマンシップ、想像力を讃えるインスタレーション、「Behind the Intrecciato(ビハインド・ザ・イントレチャート)」を展開しています。 「Behind the Intrecciato(ビハインド・ザ・イントレチャート)」では、ブランドを象徴するイントレチャート モチーフに隠されたメゾンの歴史的背景や革新的デザイン、最先端の機能性を紐解き、印象的な構成によってお客様をメゾンの中核へと誘います。

「カバ」はクリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーが初めてデザインしたバッグで、メゾンの卓越したクラフツマンシップの結晶ともいえる作品です。

VENETA

「ヴェネタ」は、1966年にボッテガ・ヴェネタが創業した、ヴェネト地方への深い献身を表現しています。

KNOT

「ノット」は、シーズン毎に驚異的な想像力を具現化しています。